Myブログ大変だよ・Bloggre: 10月 2018

Fly Fishing Simulator の使い方

今回はFly Fishing ゲームの紹介です。



「Tutorial」ボタンをタップすると、操作説明画面を表示します。
使わないでください。
スマホの機種によっては、終了できなくなります。



ゲームの開始は、「Go Fishing」ボタンをタップします。




サイト1を表示します。
画面を、左右にスワイプしてサイトを切替ます。

無料で使用できるのは3サイトです。




サイト2



サイト3



「Purchase」ボタンをタップすると購入画面を表示します。



「Start Fishing」ボタンをタップしサイトを選択します。




「Next Site」ボタンをタップすると、次のサイトを表示します。




「Prev. Site」ボタンをタップすると、前のサイトを表示します。
画面の説明文で、たくさん魚を釣ると、他のサイトが表示されると有りますが、すべて有料です。
購入画面からは「Cancel」ボタンをタップして抜けて下さい。











釣り開始は、サイト画面をタップします。
ラインの長さは、左下のリールで行います。
右回しで、ラインを出します。
左回しで、ラインを回収します。
立ち位置は左右のスワイプで行います。
ラインキャストは上下のスワイプで行います。


flyにライズが有ったり、flyラインの流れが止まったら、合わせます。
合わせは、上へのスワイプで行います。
寄せは、リールを左へ回します。
右の「Line Tension」を確認しながら寄せて下さい。




ランディングは、上下のスワイプで行います。
ランディングの、「OK」ボタンをタップすると、元のサイトに戻ります。




フライの交換は、「Menu」ボタンをタップし、サイトの初期画面に戻ります。


「Fly Box」ボタンをタップし、flyボックスを表示させます。


交換するflyをタップします。


flyサイズをタップ後「OK」ボタンをタップし、元のサイトに戻ります。




ゲームの終了は、「Menu」ボタンをタップし、サイトの初期画面に戻ります。


「Exit」ボタンをタップに初期画面に戻ります。


「Quit」ボタンをタップし終了です。



「Fly Fishing Simulator」は、App Store または、Google play よりダウンロードして、お使い下さい。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ
にほんブログ村

AdSense自動広告設定方法


届いたメールの、「自動広告を設定」をクリックし、AdSense アカウントにログインします。
左側のメニューの「広告の設定」をクリックします。


「自動広告」をクリックします。


「全般設定」の選択で、表示する広告のファーマットを選択します。


表示する広告を有効にします。
自動的に全般設定に追加させたい場合は「自動的に新しいフォーマットを取得」にチェックを入れ「保存」をクリックします。



Sponsored Links





広告コードの取得

「自動広告を設定」をクリックします。


表示した広告コード画面の「コードスニペットをコピー」をクリックし、コードを取得します。


取得したコードを、Blogger のテンプレートの<head>タグ内に貼り付けます。
以上で設定は完了です。

設定完了後20~30分程度で、広告がページに表示されます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ
にほんブログ村